« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

07’日本選手権(二日目)

今日は「朝練」から一日がスタートです。
7月中旬に行われる「大阪高校総体地区予選」に向けて、T高校・H高校・H総合高校の三校の合同練習会に疾風も参加させて頂きました。
本当ならA高校も参加の筈が・・・参加の有無の連絡が来ず・・・情けない話です・・・
これも関わりの薄さの結果なのかも知れません・・・

で、7時に長居へ集合・・・メッチャ眠い・・・普段は「布団の中」の時間なんで(笑)
しかし・・・この時間に「実業団選手」は朝練してます・・・
イヒの「宗由香利選手」もジョグしてましたし、小出監督も散歩してます。
良く見ればあちこちで選手がジョグしてる!
高校生の前なのに・・・ミーハー状態でした(笑)

で、アップ開始。
9時には職場に到着して仕事しないといけないので・・・早く練習したかった(汗)
で、7時45分頃に練習開始。
内容はタイムトライアル!!
4・3・2・1周で各自走る距離を決めてのトライアル。
1周か2周か判らないが行ける所まで走る事に・・・

スタートから飛び出した高校生に付いてレースを引っ張る事に・・・
しかし・・・練習不足はしっかり表れる・・・1K通過でスデに一杯状態(汗)
しかもペースは3分35秒と決して速くはないタイム。
これじゃあ来週の「札幌国際ハーフ」は話にならない為仕掛けるも・・・全くペースは上がらず・・・
2Kは3分45秒とペースダウン・・・
そのまま競り合うも脚が動かず・・・1周で終了・・・高校生は(結果的には)4周行ったのに・・・情けない・・・(>_<)

急いで職場に戻り仕事を行い、終了後再び長居へ移動。

12時前に長居競技場へ到着したのだが・・・開場前もあるが「長蛇の列」が出来て並んでる!?
大阪の一般の大会でこんなのは初めて見た・・・
取り合えず「デイリープログラム」「記念Tシャツ」を購入し入場、棒高跳ピット側のスタンドで「場所取り」を行う。
流石に?注目種目のせいもあり、疾風同様早々と場所取りを行う観客もいる。
暫くすると「変衆長さん」からTELあり合流、二人で陸上談義で盛り上がる(^o^)

しかし・・・10席ほど場所取りしたせいか・・・若干周りの視線が気になるが(汗)
早く来たからまけといて欲しい(笑)

14時から競技開始、「女子三段跳」だが・・・位置が悪くて観難くて・・・ちょっと盛り上がらない・・・
そうしていると「男子棒高跳」競技開始、だがお目当ての「澤野大地選手」登場まで先は長い・・・
そうこうしているうちに、元I高校顧問のU先生・元カノOさん・AKAさんと続々到着。
チームのKファミリーも到着し、ようやく今日のメンバーがほぼ勢揃い。
観戦途中に知人のT先生とお会いしたが・・・「何でスタンドで観戦やねん・・・」と言いたげな視線を送られたり(笑)「Kさん(大阪日日新聞記者さん)」とも久々にお会いし退屈な?待ち時間を少しずつ消化していった・・・


14時半からはいよいよトラック競技開始。
男女800m予選や女子400mH予選・女子200m予選や男子100m予選など徐々に大会が盛り上がっていく感じだ。
観戦初心者のOさんに色々説明をしながらも、変衆長・AKA・疾風の三人のマニアックトーク?で「あーでもない」「こーでもない」とオフ会の前から激しい?やり取り(笑)

15時からは準決勝種目がスタート。
110mHには、ふってぃー☆の知人「Nせんしゅ」が出場。
ふってぃー☆は残念ながら間に合わず・・・(>_<)
で、レース後合流。
暫く一緒にいたが、「暫く一人で観戦」と言う事で疾風は再び元の場所へ合流。
しかし・・・男子棒高跳が予想以上に長引いて・・・16時前でも未だ澤野選手が動く気配なし・・・
仕方がないので・・・女子1500mの応援の為、疾風・ふってぃー☆は移動。

ここで、イヒスタッフ陣と合流し1500mの応援。
勿論メインは「宗由香利」選手で、密かに「桑城奈苗選手(アコム)」「宮崎千聖選手(アコム)」も応援(笑)
由香利ちゃんに「一発逆転」で「優勝&B標準突破」を願い応援!!
レースは・・・桑城さんが「いつも通り」の展開で先頭、由香利ちゃんは位置取りが中々上手くいかない、小林選手(豊田自動織機)は後方・吉川選手(パナソニック)は早目に前の位置をキープ・・・(ゴメンやけど・・・この時点で「小林選手の優勝」は無くなったと確信)

800m過ぎで、由香利ちゃん仕掛ける!!
(現状でラスト勝負じゃ負けるから思い切って仕掛けて、応援してるみんなを楽しませたかったby本人談)
しかし、残り1周で桑城・吉川・小林の三選手が前へ・・・
ラスト300mで小林選手が前へ出るもスパートに鋭さは無く、逆にラスト200mで芳川選手がスパートし見る見る差が拡がる。
そしてラスト100mで桑城選手が二番手に浮上するも吉川選手のとの差は変わらずにそのままゴール!!
吉川選手は「世界選手権出場」をほぼ決定付けた優勝となり、逆に小林選手はほぼ絶望となる結果となった・・・

男子1500mもスローな展開に。
井野選手(順大)が引っ張りそのままラスト300m。
小林選手(NTN)が仕掛けるも渡辺選手(山陽特殊製鋼)・井野選手も譲らずそのままラストまで縺れ込む展開となったが小林選手が競り勝ち優勝、代表をほぼ掴んだ結果となった。

暫くイヒスタッフと話をし、澤野選手の跳躍を見ながら雑談。
暫くし、ふってぃー☆と男子110mHのスタート付近へ移動、スタート前のN選手を見届けたあとゴール付近へ移動しレース観戦。
内藤選手、しっかりと強さを見せて優勝&代表内定!!
N選手は5・6番手か・・・残念・・・

その後最初の場所へ戻り澤野選手の跳躍を見るもビッグジャンプは見れず・・・
しかし、Oさん・Kさんファミリーは満足の様子。
終了後、混雑したメインスタンドを外し逆にバックスタンドから競技を観戦。

ここからは短距離のスピーディーな走りが続く。
あ、室伏選手(ミズノ)がその間に競技終了、80m台は出なかったが貫禄の13連覇達成&代表内定!!

男子200mは末續選手(ミズノ)の圧巻の走り・女子100mは北風選手(北翔大)が優勝!と思った瞬間、高橋選手(平成国際大)の強烈な追い上げで逆転!!
どちらも「スピード感」を感じさせる素晴らしい勝負だった。

そして、名勝負の一つになったであろう男子400mHの「為末VS成迫対決」
成迫選手(ミズノ)が前半から攻めの走りをした為、中盤から為末選手(APF)と最終ハードルまで並ぶ好勝負!!
ラストハードルからの為末選手のスパートで勝負あり!
二人の「ワクワクさせる好勝負」はホンマに魅せる走りだった・・・


最終種目の男子10000mは再びイヒスタッフ&選手達との観戦。
予想通りの超スローな展開、しかもアナウンサーのSさんがペースの紹介を思いっきり間違える状態でレースは進む(汗)
(思わず、携帯で連絡しようか思った位で・・・周囲の実業団関係者は・・・呆れ顔)
レースが動いたのは7000m過ぎ、伊達選手(東海大)が仕掛け松宮選手(コニカミノルタ)ら数選手が反応し付く展開。
松宮選手が揺さ振るも伊達選手は喰らい付き逆に前へ出る展開。
そして、9000m手前で松宮選手がスパート!200mを32秒・次の1周を61秒・ラスト1周を62秒の「超ハイペース」でカバーし二年連続の「5000m&10000m」二冠優勝!!
これには「お見事」の言葉しか見つからない・・・
展開が判っていても勝てなかった・・・それだけ凄い松宮選手の切り替えだった・・・

競技終了後、変衆長さん・AKAさん・B師匠・疾風の四人で「オフ会」を開催!!
四人中三名が「ゴールドシート保持者」で枚数率?で言うと100%となる4枚を持ったメンバー・・・恐るべし(笑)

地下鉄で移動の際に「アコムチーム」と偶然出会い、桑城さんとお話が出来て疾風大満足(^o^)
平野コーチと色々な話をしたりと楽しい移動に・・・

梅田でのオフは本当に楽しい時間で・・・
あっと言う間の時間が過ぎた・・・
お互いが「陸上競技好き」の為、話が尽きない・・・
世界選手権を前に「上映会」で再び会う約束をして、長い二日目は終了した・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

07’日本選手権(初日)

いよいよ待ちに待った「日本選手権」が始まりました!!
今日から三日間「長居競技場」を舞台に「世界選手権」の切符を掛けてトップアスリート達が勝負します。

今日のみ審判に当たってます。
「ビデオ監察」と言う初めての部署です。
何をするかと言うと競技場の各地に散らばり「ビデオ」にてトラックレースでの違反がないかを録画する部署です。
例えば、ハードルをキチンと跳んでいるか・指定のコースを走っているか等を「監察」の審判の方がチェックしています。
そして違反があれば「黄旗」を上げて申告し、それによって失格等の判断がされます。
その際、選手は「異議申し立て」が出来るのですが、その際の「判断材料」の一つになるのが「ビデオ監察」が録画した画像です。
ホンマ、陸上競技は多くの審判の方達によって進行されてます・・・

で・・・疾風のポジションは「第二コーナー~バックストレート入口過ぎ」付近でした。
(OSAKAとスタンドに書かれたKの頭付近です)
しかし・・・初の部署で・・・結果「録画の仕方」が違ったみたいでした(汗)
基本的には「固定画像」で良かったみたいですが・・・疾風はTVカメラの様に「移動画像」での録画・・・
ハードルはOKみたいでしたが、フラットレースは固定で録画しなければいけなかったので・・・
正直「黄旗」が上がらなくてホッとしました・・・(汗)
但し、100・200・100H・110Hはゴール地点へ移動しての撮影。
これに関してはバッチシ?でした(笑)

正直・・・ヒマでした・・・
けど・・・ヒマだから競技が無事に進行している証拠でした・・・
そして・・・液晶画面に釘付けの為・・・レース展開あんまり判りませんでした(泣)
それはチョット辛い部署です・・・

しかし・・・隙を突いて?「イヒチームスタッフ」と何度か合流(笑)
みんな口を揃えて「え?どーしたん、その格好」と(笑)
選手もコーチもみんな同じリアクションで・・・可笑しかったです(^o^;
しかも・・・他のチームの知人の方達も同じリアクションで・・・
疾風は「単なる追っかけ」じゃないのは証明出来たかも?(笑)
※昨年の北海道マラソンでも同じリアクションでしたが・・・(笑)

初日の疾風の感想です・・・
何故、午後からの開催だったのでしょうか?
13時にスタートして「観客」は集まる・・・真剣に「陸連の偉いさん」は考えたのでしょうか?
記録的には「低迷」の初日。
しかし「勝負」としては面白いものは沢山ありました・・・
しかも「世界への切符」を賭けた大一番で「地元開催で盛り上げる必要」があるにも関わらず、昨年同様の競技スケジュール・・・

たらればですが・・・疾風なら18時開始23時終了(もしくは17時開始22時終了)にします。
そうすれば「学校帰り」「仕事帰り」の観戦も可能で集客もし易く、世界選手権と同じスケジュールでの運営も体験出来て「課題点」「改善点」などもしっかり見えてくると思います。
何よりも「ナイター」でやる事により、選手も観客も「特別な雰囲気」を味わえるし、コンディションも日中に比べ良くなり、好記録も出易くなると思います。

ガラガラの観客席の中、競技を行っていた選手達が可哀想で仕方がありません・・・
女子3000mSCのA標準&日本人二人目の9分台(B標準突破)、女子棒高跳びの久々の4m30超え、男子5000m&女子10000mの後半の駆け引きと仕掛け合い、これらはもっと多くの観客に観て貰いたかった・・・
そして、男子ヤリ投・男子走幅跳も「大台(80m・8m)」まであと僅かだったのが応援や歓声で突破出来たかもしれないと思うと・・・ホンマに残念で仕方がないと思ってます。

勿論、運営面で大変なのは判るけど・・・実際「世界選手権」では「9日間」行わなければいけないのだから・・・
何とかならなかったのか・・・
そろそろ「選手」と「観客」を中心に考えた「競技運営」を考えて欲しいです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

いよいよ明日ですね!!

待ちに待った「日本選手権」が明日になりました・・・
今日、長居に行ったら選手沢山いたんやろうな・・・
仕事中、そんな事ばっか考えてました(笑)

明日は、11時に「競技場入り」しなければいけない為・・・残業しました(汗)
これで、少しは楽になったかな?
それ以上に心配なのが「HDレコーダー」、容量が少ないから・・・今晩と明日で頑張らないと(笑)

頑張らないといけないのは・・・練習ですが・・・テンション上がりません(>_<)
一時期に比べたら戻ってきました。
きっと「日本選手権」終わったら・・・テンションは復活してるでしょうし(笑)
焦る事はやめて、しっかりと「出来る事」からしていきます!
まだ、これで終わりじゃないから・・・

そーそー、「世陸チケット」の件はお互いの連絡の行き違いで・・・
今回の件は無事解決しました(汗)
いつまでもこんな事に時間と気持ち使ってる場合じゃないしね。

天気が心配ですが・・・
選手が「ベストな状態」で競技出来るのを祈るだけです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

ふざけるな!!

今日から社会復帰です(笑)
それ位、この週末は「別世界状態」でした。

職場に入ろうとすると「通行止め」になってる・・・
昨日から「通路の床張替え工事」とかでいつもの入口が利用出来ない状態に・・・
しかも、仕事に支障が出る以外に何のメリットもない工事。
年度末の「道路工事」じゃないんやし、いらん工事で金使うなよ・・・

仕事終了後、急いで帰宅。
ケーブルテレビの工事の立会いに。
しかし・・・チューナーを「アナログ」から「デジタル」に変えるだけの工事だけで・・・
20分程で終了(笑)
「外工事もして2時間掛かる」って聞いていただけに・・・あっけなかった(笑)
これで、「日本選手権」も三日間録画出来ます!!
けど・・・肝心の「女子10000m」は放送時間外なんで・・・残念です(泣)

さあ、メール見て・ブログ書いて、はよ寝よかな・・・
何気なくメールを見ていると「世界選手権チケット事務局」からメールが・・・
何や、やっと申し込んだ分の返事来たんかよ・・・遅いなー!!
そう思ってメールを見た瞬間・・・一瞬目を疑い・・・その後行き場の無い怒りが!!

「先日、お問い合わせのありました件ですがFAXが見つかりませんでした」
「改めてFAXして下さい」

ホンマふざけてます。
まず、今頃になって「FAX無い」って連絡するなよ!!
スデに二週間が経過、どれだけ仕事怠慢で・どれだけ迷惑掛けてるねん!!
そして・・・この件を「自宅メール」に送るか、普通・・・
こっちが問い合わせしなければ申込自体無かった事にされかねなかったし、何よりも急を要する内容を「電話」じゃなく「自宅メール」に送る神経を疑う。
何の為に「昼間連絡先」って項目あるねん!!

また・・・これで明日「昼休み」が無くなりそうです・・・
しかし・・・ここまでの「不手際」と「ユーザー」を馬鹿にした対応は企業として最低です。
そもそも「機能しない申込方法」を選定してる段階でおかしいのですが、あまりにも責任感の無さに悔しくって・・・
一部の関係者にだけキチンとした対応をしていれば「一般の人間」にはお構い無しはバカにしてます。
そして・・・ある意味「今の日本の状態」と変わらない・・・そう思えて仕方がないです・・・

「ワクワクした気分」で申し込んだ・・・そんな気持ちをどうしてくれるのか・・・
正直、明日はもう許す気はありません!!
チケットが無いと言われても断固抗議しますし、今までの事を含めてキチンとした「形のある謝罪」をする様要求します。

「陸上を盛り上げたい」と選手が頑張ってるのに・・・
完全に「脚を引っ張って」ますね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

疲れたー(笑)

1時間程前に帰宅しました。

2泊3日で「サロマ湖100Kウルトラマラソン」にサポートで行ってきました。
同じチームで「元カノ」のOさんのサポートですが(笑)今年で4回目となりました。

23日(土)に関西空港を出発、昨年は関空で何人か知人を見かけたが・・・今年は無し。
と言っても?かなりの割合で「サロマ野郎・サロマ嬢」が飛行機を占拠していたのは間違いない(笑)

女満別空港で「くりりん」と合流。
今回、ひょんな事から一緒に移動する事に・・・
けど、不思議な組み合わせの為か?それなりに楽しい道中でした・・・
まず、スタート地点の「湧別」へ向かい「受付」を済ませる。
ここでも珍しく知人と遭遇しない(笑)
で、初日の宿「紋別」へ移動。
先に晩御飯を三人で食べに行き、その後ホテルへ・・・
翌朝は「3時起床」なのに・・・「ライアーゲーム最終回スペシャル」見てしまって・・・
睡眠時間が2時間に・・・(汗)

で、レース当日は「3時半」に三人で宿を出発。
予定通り4時にスタート地点に到着、荷物・スペシャルドリンクを預けスタートを待つ。
そして5時にレースがスタート!!
くりりんが通過し、わかこちゃん・B師匠ペア?も通過、そしてOさんも無事スタート。
その後、5K地点へ移動・・・

5K地点、先頭で通過は「山陽特殊製鋼勢」を含む大集団。
サブ10ランナー(フルのね)の「渡辺選手」も出場してます。
その後、くりりんが通過(速っ!!)・わかこちゃんも通過し・・・あれっ、太平サブローが通過し、その後Oさん通過って・・・「サブローに先行かれてるし!!」

関係者を見届けたあと「朝食タイム」おにぎり2個・サンドイッチ・カップラーメンと「アスリート」には程遠いメニュー(泣)
しかし・・・寒くて・・・カップ麺美味しい!!

朝食後に30k地点へ移動・・・しかし・・・車から出れない(>_<)
寒くて、眠くて・・・・練習する気持ちもでない情け無い状態・・・コロコロまで持って行ったのに(笑)
その後の事を考えて「睡眠タイム」に・・・
お陰で少し回復し、先頭争いだけを見に行く為に車を出たが・・・
先頭争いが10名以上もいてる!?例年こんなに人数いないのにビックリ!!
その後、くりりん来るまで再び車で待機。
「くりりん」もかなり速い通過・・・
そして「わかこちゃん」も良いペース・・・
「Oさん」も予定通り「キロ6分ペース」でバッチシ予定通り!
しかし・・・Oさんが30K通過の時点で「くりりん」は40K通過してる!!
急いで移動・・・

時間が中途半端?な為、移動途中に「わかこちゃん」を車上から応援。
その後「くりりん」を追っかけて何とかレスト地点(54K過ぎ)に間に合った(汗)
ここで預かった「補給物資」を手渡し、荷物を預かる。
この位のレベルだと「レストステーション」に寄らずに移動、給水ポイントもチャンとそれ用にセットされているのを始めて見た。

で、再び後方のOさんをサポートに戻る。
「わかこちゃん」を発見、再び車上応援。その後何とか「Oさんを発見」する。
彼女「登り」がメチャ弱なので(汗)45K位から登りの頂上付近に車を止めて、かけっこで下り、登りを併走・・・これを三度程行う。
その間に「くりりん」「わかこちゃん」は爆走状態(汗)
二人のペースが・・・予想していたがホンマ速い!!
「Oさん」は「キロ6分切り」で走っていても・・・どんどん差は開く一方・・・

レストステーションで「Oさん」をサポート。
流石に4度目で徐々に力を付けてきているので以前の様な「何十分もの休憩」は無くなった(笑)
ものの10分ほどでスタート。
10分の間に「給水」「給食」「脚のケア」を効率良く行えたが・・・
「RCチップ」の付け方が悪く「脚の甲」に若干の痛みが・・・あれ程注意って言ってたのに(泣)

荷物を片付けて急いで「くりりん」を追ったが・・・スデに80K地点通過のメールが(汗)
仕方が無いので「ワッカ原生花園」へ先回りし、そこで待つ事に。
「わかこちゃん」もかなりのペースで70K地点を通過したので、「わかこちゃん」を先に見つけて応援、その後ワッカへ移動。
この選択がバッチシ的中!

ワッカのポイントで「くりりん」を無事発見、それ程待つ事もなく効率良く応援出来た。
ワッカのポイントは「85K過ぎ」と「92K手前」のポイントなので・・・
「くりりん」を二度応援し、「わかこちゃん」の行きを応援した後「Oさん」の応援で70K地点へ移動のプランを練ったが・・・「くりりん」「わかこちゃん」はホンマ軽快なペースで予想以上のタイムで通過して行く。

二人を見届けた後に「Oさん」の応援へ・・・
後半は例年失速しているので心配だったが・・・
落ち込みを最低限に保ち「キロ6分半」程で走ってる。
一度車を74K過ぎの駐車スペースへ置き、コースを逆走して行く事に。
72K地点で「Oさん」と合流し、2K程併走。徐々に天気も回復していて気温も徐々に上昇。
しかし、好条件には変わらず「Oさん」に簡単な指示をして「くりりん」のゴールへ向かうが・・・

残念ながら・・・「くりりん」のゴールには全然間に合わず(泣)
メッチャ爆走のタイム&順位!!
(詳しくは「くりりん」本人のブログ見てね(笑))
無事くりりんと合流し、預かった荷物を渡して暫くしたら・・・「わかこちゃん」帰って来た!!
こちらも・・・初ウルトラやのに・・・凄いタイム&順位・・・
(結果は・・・載せて良いか判んないので・・・ランネットで見てね)

二人を見届けた後、Oさんを応援に・・・
こちらも予想タイム以上に速いタイムで通過され・・・80K間に合わず(汗)
しかし、「走れば追い付くやろ」と思いコースを走るが・・・中々見えて来ない・・・
こっちのペースは「4分そこそこ」やのに・・・
しかも急激なアップダウンが「練習不足」の疾風には辛くて・・・
何とか合流するも・・・脚は一杯一杯(泣)情け無いわー・・・
この段階では大丈夫そうだったので、一度別れてゴール地点へ車を取りに戻る。

そしてワッカポイントへ移動し、92K手前で応援・・・の筈が・・・
90Kの通過が一気に失速してる(>_<)
急遽91K地点まで移動し、待つ事に・・・
ようやく見た姿は「キツそうな表情」で、声を掛けると脚にかなりきており「7分ペース」がやっとの状態・・・
1K併走し、急いで車に戻りゴールへ。

車を置いて98K地点へ・・・しかし、万が一を考えて97K地点へ移動。
時間を逆算するも・・・まだ来ない・・・
暫くしたら・・・ようやく姿を見せたが完全に失速状態(>_<)
何とか「7分ペース」で耐えている・・・

ここからゴールまで併走、時間を見ると「11時間切り」がギリギリ状態・・・
何とか声を掛けつつ引っ張るが付いて来るのもキツい状態。
しかし・・・何とか「7分」で走り続けて・・・ようやく「ラスト1K」を通過。
残りあと僅かでギリギリ状態は続く。

ここまで来たらサブ11を達成して欲しい・・・
何とか踏ん張らせてゴールを目指す。
過去三度「一緒にゴールを」と頼まれていたが「それは出来ない」と拒否し続けたが・・・
こうなったら、そんな事言ってられへん・・・
「一緒にゴールするから頑張れ!!」この一言が少し効いたのか(笑)チョッとだけペース戻る・・・

そして・・・10時間57分36秒で無事「サブ11」達成&「自己ベスト」更新!!
ゴール後フラフラやったけど・・・何とか「本人の目標」が達成出来てホンマ良かった・・・
そして・・・ホンマ疲れた・・・
改めて「ウルトラは暫くええわ(やらない)・・・」と思った疾風でした(笑)

三人ともホンマにお疲れ様でした・・・
そして、「ともちゃんさん」かな?何度がお見かけし、最後は98K過ぎでかわして行ったみたいで・・・
お疲れ様でした・・・
あとは「ポカリちゃん・ブァーム夫妻さん」や「Y田さん(byわか練)」や「みっきーさん(無事ゴールおめでとう!!)」や「伊藤さん(らんばでぃー監督さん)」などの方達をお見かけしました。
皆さん、ホンマ凄いです。そしてお疲れ様でした・・・

PS.三人を見て「感動」よりも「凄い人達」としか思えない位・・・
疾風のテンションは上がってこない・・・
帰宅後「札幌国際ハーフ」の出場通知が来ていたが・・・
それでもテンションは戻って来ない・・・
正直、今年も「ボコボコ」にされそうです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月22日 (金)

でっかいどー!北海道!!(笑)

明日から「北海道」へ行ってきます!
24日(日)に行われる「サロマ湖100Kマラソン」のサポートです。

今年で「4回目」になります。
流石にこれだけ行くと「段取り」も少しは判ってきて・・・
「待ち時間」に何をしようか、どの辺りで応援が良いのか、サポートの準備・段取りなどが回を重ねる毎に効率良くなってる・・・と思ってます。

今年は「空き時間」をしっかり利用して「練習」してきます(笑)
このままじゃ・・・「札幌国際ハーフ」最悪の結果が見えてます(泣)
そうならない為にも、しっかり頑張ってきますって・・・趣旨が変わってきてる・・・(汗)

日本選手権もあと1週間ですね・・・
北海道へ行ってなければ・・・三重へ「混成競技日本選手権」の観戦へ行きたかったです。
「得点表」でチェックしながら、ノンビリ陸上観戦・・・結構楽しいです(笑)
しかも・・・今回、疾風の「お気に入り」の選手が久々エントリーしているのを発見!!
それだけで安心&嬉しかったです・・・
「T山選手」頑張って欲しいなー・・・

日本選手権を前に、疾風家のケーブルTVの工事も決定!!
北海道から戻った翌日夕方に業者が来て工事に掛かります。
これで、「日本選手権」「世界選手権特番」「世界選手権」がしっかりと観戦・録画出来ます!!
それよりも・・・HDを早く整理しないと・・・かなりピンチです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

また楽しみが一つ!

待ちに待った「日本選手権」のタイムテーブル&エントリーリストがアップされました!!
ゆっくり見たいので全てプリントアウト・・・メッチャ時間掛かりました(笑)

一番気になっていたのが「イヒ選手のエントリー」状況。
大野君・(宗)由香利ちゃんエントリーされてる!!
期待の若手選手もしっかりエントリーされてる!!
あーーーーメッチャ楽しみや!!!

一番嬉しかったのが「大野龍二選手」のエントリー・・・しかも5000m・10000mのダブルやし!!
疾風としては「10000m」1本に絞るのかな?と予想していただけに・・・
まだ、絞る状況じゃないのか?それとも調子が上向きなのか?
(宗)猛さんなら「後者」じゃないかと思う。
以前「5000mより10000mの方がAは狙いやすい」と仰ってたから・・・
しかも、5000mは初日・10000mは二日目を考えると尚更や・・・
いずれにせよ、「大野君」が走るなら「何かを期待」せずにはいられない!!
2004年の再現を期待したい!!

由香利ちゃんは「1500m1本」のエントリー。
6月のディスタンスチャレンジでは「5000m」のみ出場していたが、それも何かを意図しての出場やと思う。
二年前、東京の時はラストで小林選手に先に仕掛けられて悔しい思いをしている。
相次ぐ故障で気持ちも何度か切れたみたいやけど・・・それでも頑張ってるのは「世界への想い」があるからじゃないのか・・・

「自分達が強い旭化成を!!」と語っていた二人。
今年の日本選手権で是非「強い旭化成」を魅せて欲しい。
そして、二人揃って「世界選手権」の出場権を掴んで欲しい!!
チャンスは充分にあり!どちらも厳しい戦いやけど、疾風は「二人が勝つ!」と信じてます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

めちゃ早!!

昨日「日本選手権」のチケットを大会事務局で申込しました。
ちょっとラッキーな点もあり、希望通りの枚数を申込出来ました。

で、今日自宅に帰って玄関を見たら・・・チケット届いてる!?
確かに「入金が確認取れ次第スグに発送しますよ!」とは言って貰ったが・・・
それにしても「めちゃ早」やわ(笑)
あと10日後が待ち遠しいわ(^o^)

それに比べて・・・・未だアップされない「日本選手権」のタイムテーブル・出場者リスト・・・
もう10日前やで・・・こっちは毎日チェックしてるのに・・・
受付もスデに終わって「主な出場選手」も新聞に掲載されてるんやから、そろそろアップしてーや!!

そして・・・「やっぱり」と言うか「またか」と言うか「世界選手権チケット事務局」の対応・・・
先週「大阪陸協」で手続きした「チケットの案内」がまーーーーーーーーーーーったく来ない。
何してるんや?チケットの有無の連絡もなければ、入金の案内もない・・・
他人の分も含まれているから前回以上に気掛かりやわ・・・
ホンマ「片手間」で仕事すんなよ!!

あ、ちなみに・・・・日本選手権で審判を一日だけやります(笑)
「ビデオ観察」と聞きましたが・・・初の部署です。
29日(金)だけですが、チケット買った後やのに(汗)
まー世界選手権ほどじゃなくても「次の大阪での開催」は暫くないから・・・
これも良い経験かもね、一日だけやし(笑)
「土日も可能なら・・・」と言われましたが「イヒ」の応援出来ないので断りました(笑)

あとは「ケーブルTV」の工事がギリギリ間に合えば・・・
「BSハイビジョン」も見れる様になるので、「日本選手権初日」も録画出来る!!
何とか・・・間に合ってね(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

’07近畿予選観戦(2)

今日は最終日、男女の「競歩」をメインに観戦&応援に行きました。

まずは「男子5000m競歩」の応援。
S高校のT先生の生徒さん(O君)が出場で彼を中心に「大阪勢」を応援。
何度か「軽い揺さ振り」があるものの、3000mまでは集団でレースが進んだが・・・
そこで一気に清風勢が仕掛けてレースが動く!
しかし・・・O君離れて行く・・・何とか追い付くも・・・4000m手前で再び離れる・・・(>_<)
最後は1・2位争いと3・4位争いでレースが進み、皮肉にも3・4位争いが「清風勢同士」の争い・・・勝った方が「全国」で負ければ「近畿止まり」の辛い勝負・・・

だが・・・ここが競歩、先にゴールした子が失格で後の子が繰り上がりで3位に・・・
いつも思うが・・・競歩はドラマがあり過ぎやわ・・・

その後I高校さん所に合流させて頂き、ノンビリ観戦。
2年前に近畿を走った「Tさん」も久々に会って・・・「関カレ」の時より元気そうで良かった!

そんなこんなで・・・気が付けば今日のメインイベント「女子3000m競歩」が始まる!!
Tさん、大会前のランキングは6番。
何とか勝負に持ち込んで「3位以内で全国出場」をと願うしかなかった・・・

しかし・・・めちゃくちゃなハイペースでレースがスタート・・・
気候条件を考えると「男子同様スローな入り」を予想していただけにビックリ・・・
その中を果敢に付いて行くTさんだが・・・1000m過ぎで先頭集団から脱落・・・(>_<)
この段階で先頭は6人程だったので・・・かなりの突っ込み(4’33”)

ここから辛いレースになった・・・
先頭もペースが落ちているが、それでも徐々に人数が絞られる展開に。
2000mが9’23”とめっちゃペースダウン(Lap:4’50”)
Tさんは完全に失速、かなり辛そうな歩きになってる・・・
この時点で先頭争いは3名、全国へのチケットは「ほぼ確定」状態・・・

一人、また一人と交わされていくTさん、こんな歩きは初めて見る光景やった・・・
それだけ、「ボロボロ」にされた前半の展開やった・・・
勿論Tさんだけじゃなく「ランク1位」の子を含め上位数名も「ボコボコ」にされていた・・・

ラストまで懸命に歩いたTさん、ホンマお疲れ様でした・・・
ラウンドを勝ち抜く「インターハイ」は、時には過酷な結果も見せるが・・・
このレースは「ランク関係なし」に近かった・・・

その後男子110mH・女子100mH決勝をスタンドからH先生と生徒さん達と見ていたが・・・
女子は13秒台の好記録、男子は「近畿高校新」のビッグタイム!!
※さっき調べたら女子は今年度2位、男子は「高校歴代3位」の記録
何せ、2位との差がどちらも「桁違い」に空いてるんやから・・・(汗)

桁違いと言えば「男子5000m決勝」のレース展開・・・
兵庫勢恐るべし・・・2000m過ぎまでは大阪勢(と言うより北陽勢)が集団の前に付けて西脇工・須磨学園と「真っ向勝負」を挑んでいたが・・・
3000mから「お約束」のビルドアップ!!
一気に集団は6名に・・・

この時点で西脇工2名・須磨学園2名・智弁学園・奈良学園の争いで、清風が7・8争いに加わり出したが・・・既に距離が付いている・・・
4000手前で「ランクトップ」の智弁学園が落ち、5名でそのままビルドアップ&揺さ振りを繰り返しながら「ラスト1周」に差し掛かるその直前!

転倒!!しかもこけたのが「中山Jr」やし!!
一気に昨年度IH日本人トップの「八木選手(西脇工)」が強烈なスパート!
かなりのペースで走ってる!!
ラスト200mは28秒!!!凄い!!
っと思ってたら・・・中山選手(須磨学園)が2位でゴール!!
どんな追い上げしてるんや・・・
大阪勢・・・今年も近畿の壁突破ならず・・・(>_<)

残念ながら、女子7種の800mが終わって競技場をあとにした・・・
マイル見たかったなー・・・
どうも、今年は落ち着いてIH観戦が出来なかった・・・

I高校のTさん・U君ホンマにお疲れ様・・・
全国出場は叶わなかったが・・・応援に行ってホンマ良かったです・・・
やっぱりインターハイは最高です。

流石に・・・これで「佐賀インターハイ観戦」の夢はなくなりました・・・
観戦以外に今年は楽しみ?が一つあったのですが・・・(笑)
それはいずれの機会っすね・・・

最後にホンマに納得行かなかったのが「応援」の対応。
今日見に行ったら・・・昨日注意された応援がいけてる・・・
どうなってるねん!?
かと思ったら「男子競歩」ではある学校が「そんな応援の仕方するな!!」って怒られている・・・
別に普通の応援なんやけど・・・何が気に入らんのや「京都陸協&京都高体連」の先生達!!
運営の大変さは判るけど、「主役は高校生達」やって判ってないの?
見てて「目に余る応援」は無かったよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

’07近畿予選観戦(1)

へ行ってきました。
I高校のU君(2年)が「男子やり投げ」に出場、その応援です。

朝、自宅が出るのが遅かった為「女子3000m」に間に合わず、やり投げも既に競技が始まっている・・・(汗)
しかし、何とか間に合ったみたいで「I高校女子応援団」に混じって観戦。

けど・・・何か違和感が・・・応援がオカシイ・・・
「いきまーす!」「はーい!!」
最近(疾風の高校時代にはなかった)フィールド種目の応援はこれで、結構?楽しみにしていたのに・・・どこも行っていない・・・
I高校の子に聞くと「審判が応援したらアカンって・・・」と寂しげに言う・・・

実際、どこかの学校がその応援をしていると「場内観察」の審判が「応援するな!」「指示が聞こえない!!」と怒る有様・・・
流石に頭にきて「何で?」「それこそオカシイやんか?」と問いかけてみると・・・

「指示が聞こえないから!」(審判)
「え?指示のあとに競技者の声掛けが始まってるので何の問題もない!」(疾風)
「いや、運営に支障が出るから!」(審判)
「何の支障が出るの?」「折角応援に来ていて出来ない方がオカシイし、トラック種目は応援してるやんか!!」(疾風)
「いや、競技者にとって不公平が出るから・・・」(審判)

これって何・・・????
インターハイやで?ブロック予戦やで??あと一歩で「全国」やで???
しかも他府県から仲間を応援に来ているんやで????
何がアカンの????????
見るからに「京都陸協」の審判の方で(現にプロで審判リストみたら場内観察は陸協の方ばかり)正直「高校の試合」を判ってないのでは?と思う・・・

試合に高校も大人も関係ないとは思うが、やっぱり高校生の方が応援の数も多く盛り上がっている・・・
しかもインターハイだけが「日本で唯一のラウンド制」だ・・・
全中・インカレ・選手権はいずれも「参加基準」があり、それをクリアすれば出場出来る。
だから、色々なドラマもあるのでは?と思う。
そして、それを盛り上げるのが「選手のパフォーマンス」であり「熱い応援」だと思う。

それと「誰の為の競技会」なんだろう・・・主役は「高校生」の筈だ。
それならば、通常の応援ならば全く問題は無い筈だし、選手も力になる。
これに関しては「大人」も「子供」もない筈だ!!

「スタンドに観客が一杯の中競技をしたい」と為末選手が良く口にしている・・・
それって、「選手」と「観客」が一緒になって盛り上がり作り上げていくものだと思っているからだと思う。
それなのに・・・何で今更そんな事を言うのだろう・・・

U君は残念ながら「ベスト8」には残れなかった・・・
H先生曰く「脚の故障が影響している」との事だったが・・・
もし、応援がU君の力になれば・・・少しは背中を押せたかもしれない・・・

そして・・・応援に駆けつけた女子達の寂しそうな顔・・・
「上のラウンドになったら応援したらダメなんですか」
寂しそうにある女の子は疾風に語った・・・

勿論、審判の方達が大変だし全ての点に悪いとは思わない・・・
ただ、「自分達の都合」だけで上からモノを言って良いのか?
「選手の競技をサポートする」のが審判じゃないの?疾風は思ってる。

そう言えば「兵庫リレーカーニバル」でも昔「応援がうるさい!!」と怒鳴って怒られた事がある・・・
「選手の皆さんに応援を!!」ってアナウンスは言ってるんやで・・・
自分達の都合で競技会を進めるのか?選手の立場で競技会を進めるのか?
ホンマに考えて欲しい・・・そう思わずにいれなかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

波に乗れない・・・

今日・・・ダウンしちゃいました・・・と言っても「早番」で半日出勤だったので助かりました(汗)

本当なら、西京極競技場へ行って「IH近畿予選」観戦したかったのに・・・
練習もしたかったし・・・しかし・・・それ以上にヤバかったので大人しく自宅で寝てました。
お陰で?かなり回復!今晩しっかり寝て週末「I高校」の応援に西京極へ行くけど・・・
静かに観戦します(笑)

話は変わって・・・今日「世界陸上チケット事務局」から郵便が・・・
先日、「女子走幅跳決勝」を含むチケットを、大阪陸協で追加申込(チームのメンバー分含む)したので「あ、詳しい案内きたんや」と思って封を開けると・・・

「ゴールドシートの座席表」のコピーが二枚入っていた・・・
自分の席を何度見ても・・・かなり悪い場所・・・
砂場よりスタートよりみたいだ・・・
言ってる事とやってる事が違い過ぎ・・・呆れてモノが言えなくて・・・
流石に「体調不良」なんでTELする元気もなく・・・

しかし・・・気になって昨年の「陸マガ・月陸9月号」を見た。
チケットの案内が掲載されていたが・・・特に何も書いてない・・・
って事は「誰が見ても申込順」って事になる・・・

ホンマ悔しい思いで一杯になった・・・
もう、この件は忘れたい・・・そう思っていたのに・・・
しかも、コピー用紙が2枚入っていただけで他には何もなし・・・
これだけ迷惑&不愉快な思いをさせておいて、ホンマ何の配慮もない・・・
「しゃーないから、とりあえず入れといたろか・・・」みたいなものが伝わってくる。

しかも、「ゴールドシート」の後ろは「報道」「VIP」の様な席に充てられていた・・・
つまりメインスタンドの「観戦エリア」は通路より下のみとなる・・・
もうちょっと何とかならないのかなー・・・そう思わずにはいられない・・・

水曜に申し込んだ「追加分」の案内も全くなし・・・
ちゃんと出来ているのか不安で仕方がない・・・
これで不手際があれば・・・どうすれば良いのか判らないわ・・・

それよりも・・・早く体調を戻して練習再開しないと・・・今シーズンが無駄に過ぎていく・・・
何とか「悪い流れ」を断ち切って「良い流れ」に持って行きたい・・・
昨年、力は着実に付いた筈だから・・・

PS.PCまで調子悪い・・・上手く打ち込み出来ない時あり・・・
こんな時は「早く寝る」に限ります(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

07’吹田ナイター記録会(2)

何やかんや言いながら・・・気が付けば?「吹田総合競技場」にいました(笑)

めーーーーっちゃ悩んで「行こう」「止めとこう」の繰り返しいやったけど・・・
無様な結果でも走りたい・・・その思いが勝っちゃいました。


今回も3000m2組を希望(9’45”~)
しかし・・・かつかつで競技場到着(汗)
JR吹田駅から走った走った・・・何かそれだけで「終わった感」があったけどね(汗)
しかし・・・ある意味?それが「良いアップ」になったのかも・・・???

まずはLapを↓

 200m    39”
 400m  1’19”(40”)(79”)
 600m  1’59”(40”)
 800m  2’40”(41”)(81”)
1000m  3’21”(41”)
1200m  4’04”(43”)(84”)
1400m  4’48”(44”)
1600m  5’33”(45”)(89”)
1800m  6’17”(44”)
2000m  7’03”(46”)(90”)(3’42”)
2200m  7’48”(45”)
2400m  8’34”(46”)(91”)
2600m  9’20”(46”)
2800m 10’03”(43”)(89”)
3000m 10’41”(38”)    (3’38”)
正式記録 10’41”1

練習再開3日目で・・・よーやるわ・・・と自分でも思ってます・・・
しかし、正直「もっとボロボロ」を予想してました。
けど、その反面「粘れる場面で妥協」をしたのも事実(>_<)

しっかり身体をケアして・・・土曜の「関西実業団記録会」は・・・どうないしよ?
ちなみに「野口みずき」もエントリー、今年もかなりの確立でかぶってます(笑)
※決して「野口選手」の追っかけでもなければ、狙ってレースに出場してる訳でもありません(笑)

明日から・・・梅雨入りらしい・・・知らんかった・・・(ToT)
「IH近畿予選」の事しか思いつかない・・・陸上バカの疾風です(笑)

PS.世界選手権の「女子走幅跳決勝」のS席、申込しました・・・
やっぱり・・・陸上バカかも・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ちょっとセンチメンタル?

久々に「通院ジョグ」しました。
数週間の安静は正直キツかったです・・・

走り出し、かなり身体がキツイです(>_<)
IPodなかったら気持ちが続かないくらい・・・動かない身体(汗)
ここまで「腐ってる」とは正直思わなかったです・・・

しかし、10分程すると少しずつ足取りと呼吸が「気持ち楽に」なってきた感じがしました。
aikoをBGMに走ると、10年ほど前に付き合っていた彼女の職場の近くを通る・・・
ふいにその頃を思い出した・・・

「5000m15分台」と「フル(マラソン)サブ3」を絶対達成して、更に上を目指すんや!!
よく、その彼女に言ってたのを思い出した・・・
手作り弁当持って「関西実業団」の応援に来てくれたり、日帰りで「北海道マラソン」の応援に来てくれたり・・・
ただ・・・悔しい事に、彼女の目の前で「かっこいい走り」は一度も見せる事が出来なかったのが今でも心残りだった・・・

待ち合わせ場所だった「ローソン」は今でも変わらず営業していたのがホンマ懐かしかった・・・

そこから、気合いが入ったのか?ペース&テンションアップ(笑)
大阪ドームの方へコースを変えて、汐見橋駅を過ぎ、芦原橋駅から24号線?に入り今宮戎駅を経由して「なんばパークス」まで・・・

BGMの影響もあり?かなり「センチメンタル」なランになっちゃいました・・・

その後治療に行くと・・・
チャリ転倒の衝撃の影響で「股関節」の状態がまだ良くないみたいだ・・・
明日の「吹田ナイター記録会」の3000m・・・どないしようか・・・
って言うか・・・この状況で走るつもりの自分が・・・ある意味怖い(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

納得いかない結末

ふざけた対応やな・・・
今日の感想です。

「組織委員会」と昼休みに話をする約束でした・・・
しかし、全く連絡なし・・・
仕方なくこちらからTELすると「判らないのでスグに連絡します」
「スグってどの位ですか?と尋ねると「確認取れ次第スグです」との対応・・・

その後、昼休みは終わり14時過ぎに仕事が一段落しても連絡なし・・・
仕方なく再びこちらからTELすると「現在席を外してるので戻り次第連絡します」
「いつ帰ってくるの?」と聞くと「会議の為いつかは判らない」との対応・・・
「さっきスグ連絡するって言ったやんか!」と言うと「その事も含めて会議中です」と。

こちらは所用でシフト変更までして貰って出掛けないと行けない状況なのに・・・
「だいたい何時になるの?こちらはそれまで身動き取れないやんか?」と伝えると・・・
「15時過ぎには戻ると思います」との返答、仕方無しに15時15分まで待つが・・・
連絡なし・・・

三度目の連絡をすると「今、別の電話に出てます」との返答・・・
「ふざけるな!どれだけ待ってると思ってるねん!!」と伝えると・・・
「終り次第、必ず連絡します」との対応・・・しかし・・・15分過ぎても連絡こず・・・

ついに四度目の連絡・・・しかし・・・待つ事20分・・・通話料だけ取られるが繋がる気配なし・・・
(「順番にお繋ぎします、暫くお待ち下さい」で20分です)
職場の人に携帯を借りて、そちらから連絡して暫くすると・・・ようやく「チケット事務局」の責任者からTEL・・・

しかし・・・内容は「未だ、話がつかず組織委員会からの返答待ち」との対応・・・
ホンマに我慢の限界!!
20分以上待たされた事・土曜からの対応などを全て話をするも、相手は誤るだけ。

ただ、「席は決してゴールラインより離れていません」との返答。
話を聞くと「Bゾーン」後半から「Cゾーン」前半が「ゴールライン付近」との説明。
「じゃあ、何で3列目なん?封筒の「GS ID:24」って受付順と違うのですか?」と聞くと、
「はい、そうだと思います。ただ、よりゴールに近い席を取る為に3列目になったのでは?と思います」との返答。
その件に関しては「組織委員会」から必ず連絡をして貰うとの約束。

そして、「なぜ、大まかでも座席表が入ってないんですか?これじゃ何処か判らない」と伝えると・・・
「配慮が足りませんでした」との返答。
「今からでも遅くないから座席表を送る様にして欲しい」と言うと・・・
「その事も含めて、必ず伝えます」と言われTEL終了・・・この時点で16時前。

その後、人と会う予定があったので梅田で合流。
相談事を聞いてる途中でTELが・・・
「組織委員会」のTELだ。

話をする事になるが・・・ホンマにふざけた対応。
まず、席の場所についてだが・・・「ゴールラインから2ブロックスタートラインより」との返答。
1ブロックは何席なのか?聞くと「11席」との返答・・・ってそれって全然そばじゃないやん!!
その事を伝えると予想外の返答・・・「私共は申込先着順とは言ってない」
え?それってめっちゃオカシイ話やんか!!
その事を伝えると「おっしゃる通りやけど・・・何度も言う様ですが先着順とは言ってない」
「普通24番目の受付で50席以内なら、誰だってかなり期待するのは当たり前ちゃいますか?」
と言うと「それは判りますが・・・あくまでもどうする事も出来ない」との対応。

しかも・・・「ゴールラインは少し離れてますがフィールド競技はゴール付近から観難いですよ」と言う始末。
「じゃあ、そう言うなら自分の席は何か見れるの?どの競技も中途半端違いますか?」と言うと、
「あ・・・そうですね」って・・・

「じゃあ一番良い場所のチケット、ほんまに申し込んだ人が購入したんか?」
と聞くと「調べてみなければ判らない」との返答。
「スポンサーとかに優遇して券を渡してるのちゃうの?」って聞くと・・・
「それにはお答え出来ません」との返答・・・それって「そうです!!」って言ってるで・・・

「書類と入金さえ済めば、何のフォローはしないのか?」って尋ねると・・・
「そんな事は無い」と返答。
「じゃあ、いつ頃チケット届きますみたいな案内は何でしないか?」と尋ねると・・・
「6月に発送って伝えてました」との返答。
「そんなん何処にも記載ないし、聞いてないし、何度TELしてもそんな事言ってない」と言うと・・・
「え、そうでしたか・・・スミマセン。これから徹底します」と訳判らん返答・・・

「記載と言えば何で走幅跳・三段跳の決勝がバックスタンドなんや?そんなん最初記載してないやんか?」と言うと・・・
「発売当初は、まだ決まっていなかった・・・」と返答。
「決まっても無い段階で商品を売るのはオカシイのんちゃいますか?」と尋ねると・・・
「そうですね」と返答。
「間近でみたいに決まってるやん!!こっちは最初から観難い棒高跳は別に申込してチケット申込したくらいや。何でそんないい加減な事するんや?」と言うと
「おっしゃる通りです・・・スミマセン」しか言わない・・・

最後に・・・チケットの変更を求めたが・・・
「どうする事も出来ません」との返答・・・
「それなら、キチンとしたフォローしてや!座席表を作成して送って欲しい」と言うと・・・
「前向きに検討して・・・」と言うので
「そんなんで誤魔化すな!そんなん言って実施された例はない!!」と言うと・・・
「じゃあ、今後行う様に・・・」と言うので
「今まで申込した人間どうするねん!!」「ほったらかしか!!」と言うと
「そんな事はない、チャンとフォローする」と言ったが・・・


この8ヶ月・・・どれだけワクワクしながら待ったか・・・
周囲から「アホや」と言われながらも「それ以上の価値」があると思ったのに・・・
正直残念です・・・このままやと「悲しい9日間」になりそうです・・・
ホンマ・・・裏切られた感じがして悔しいです・・・
「本当に申し訳ありません・・・」この言葉を何度聞いても・・疾風の心には届きません。


長々と書きましたが・・・疾風の今回の行動は「やり過ぎ」だとは思ってません。
「20万円」と高額な商品に見合った対応を求めただけやと思うのですが・・・如何でしょうか・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

ようやく再開です!!

今日、久々に「かけっこ」しました・・・

5月16日深夜に、自宅の扉で「左足小指」をブツけて・・・
ようやく回復の兆しか見えた今週火曜の朝(6月5日)に自転車で転倒し「左頬」「左膝」を強打・・・

小指の件は「携帯電話」の充電器を慌てて取りに行く際にブツけ・・・
転倒事故は、自転車の空気が抜け気味で立ち漕ぎしていたら「チェーン」が外れて・・・

ホンマ情けない話です(笑)

どちらも「準備不足」が原因。
携帯が切れそうなのは判っていたので前もって準備していればケガしなかった。
空気入れるのに「1分」も掛からないのに、中途半端な対応をしなければ転倒しなかった。
今年は「大事な時期」に「自分のポカ」で何度台無しにしてきたんやろ・・・

しかし・・・気持ちが通じたのか?それとも若さか?(笑)
どちらも急速に回復!!
左頬はほぼ完治(^o^)
左小指は若干痛いが、左膝は全く問題なし!!

流石に今週末の「関西実業団記録会」はDNSが濃厚かもしれないけど・・・
4週間後の「札幌国際ハーフ」には間に合わせます!

春に「夢の15分台(5000m)」は叶わなかった・・・
しかし、まだチャンスはある筈やと信じてる・・・
「びわ湖出場」の為にも必要やと考えてるので、夏場にしっかり練習して秋にチャレンジします!!

その前に、「福岡国際B出場権」を先に獲得です。
「札幌国際ハーフ」経由「北海道マラソン」で勝負です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

冗談じゃない!!

ついに「世界選手権ゴールドシート」チケットが届きました。

昨年9月1日に受付開始したこのチケット、受付開始と同時にTELし何とか予約を取り・・・
待つ事8ヶ月以上・・・ホンマに待った・・・

その間、「大会事務局」へ問い合わせのTELを何度掛けた事か・・・
はっきりしない「席」と「到着日」、徐々に不安と怒りが募ってました。
しかも・・・後から申し込んだ「変衆長さん」宅には先にチケットが届いたとの報が・・・
その件も伝えると「作業の手順で順序が逆になる事はある」と納得出来ない返答され、いつ届くかと聞くと「来週になる」との返答・・・

その翌日、チケットが届いた・・・ホンマに確認したんか?


で・・・期待と不安の中開封・・・

え・・・・・・・!?
なんなん?この席!?

届いた席は「Bブロック/B1ゲート 3列100番・101番」と記載されている・・・
しかも、どの辺りか全く判らない・・・

仕方がないので「事務局」へ問い合わせ。
で、場所を聞くと・・・
「シートを3ブロックに分けて、スタート側からA・B・Cの順です」との返答。
「どう言う順にシートを振り分けたのか」と聞くと
「申込順にAブロックの1列目から振り分けてます」との返答・・・

当然「オカシイ」と反論。
「何でスタート側から席を埋めるねん!!普通はゴール付近からちゃうんか!!」
「そして・・・受付初日に申し込んでて、何でこんな中途半端な場所やねん!!」
と言うと「申し訳ありません・・・振り分けは組織委員会が行っている為この場では何とも言えません」との返答・・・

陸マガ・月陸・ネットでも記載されていたが、受付初日の午前中は「50席」ほどしか申込はなかった・・・
それなら、誰が考えても自分はその中の2席やと考える・・・
しかも、疾風は10時半にはTELして予約したのに・・・

しかも、TELの場合は「仮予約」だと申込の際に言われたので、「それならば順番が遅くなるのでは?」と問い合わせした所
「この段階で席を押さえてあるので、書類・入金が届けば大丈夫です」と念を押して確認もした・・・

しかも、書類・入金で若干の手違いがあった際も「確認」をその度にして「大丈夫です」と何度も確認。

これだけ何度も確認していて・・・このザマは一体何やねん!!
どんな思いで40万円出したと思ってるねん・・・
疾風にとって「かなりの大金」・・・それでも「それ以上の価値と期待感」があるから・・・
そんな思いをどれだけ「事務局」「組織委員会」は判っているのだろうか・・・


若干、話が脱線しますが・・・
「16年前のバブル絶頂期の東京でも、チケット半値やったのに・・・」とS高校のT先生。
「何で、こんなに審判ギリギリの人数やねん!何処に金掛けてるねん!!」とI高校のH先生。

疾風自身も審判依頼が来て、可能な日をFAXしたら「こんなんじゃ困る」とダメ出し・・・
仕方が無く「男女マラソン・競歩」の「走路審判」5日間入る事にしたら・・・
どちらかだけの審判の方もいる・・・自分には「アカン!!」って言ったクセに・・・

大阪の陸協の理事長さん、IH予選に来てるのは良いが・・・
観戦そっちのけで「世界陸上話」やったみたい・・・

こんな人達が大会を運営するのか・・・
現場で裏方に付く人間・観戦を楽しみにしている人間の気持ちをどれだけ判っているのだろうか・・・

そして、高額のチケット代・・・どこに使われるのやろうか・・・


月曜の昼休みに「組織委員会」の担当者と直接話をする様に持って行きました・・・
念の為に、疾風の「TEL申込日」「入金日」「書類到着日」も確認して貰ってます。
それを元に「席の変更」を伝えます・・・
こんな思いをしてるのは自分だけじゃないと思う・・・
そして・・・こんな事をしてる様じゃ「世界選手権」は失敗すると思う・・・

ただでは終らせません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

IH大阪予選

早いものでもう一週間が過ぎました・・・

先週の金曜~日曜にIH大阪予選が万博競技場で行われました。
毎年、この時期は自分の高校時代を思い出します。
この舞台に立てるのは48名の選手のみ・・・
3年の時、1500mで「1秒」届かずスタンドから見ていたのは今でも忘れられないです・・・

A高校は男子100m・200m・400mR・走幅跳・女子800mに出場。

初日最初の「男子走幅跳予選」でいきなりキャプテンが自己ベストで予選突破!
(しかも1回目の試技での突破は予想外でした)
午後の決勝では残念ながら「ベスト8」には届かず・・・
しかし、大舞台でのベスト更新は大したものです。

しかし・・・その後の400mRで・・・まさかの「2・3走者間オーバーゾーン」で失格・・・
準決勝のチャンスもあっただけに・・・悔しい思いで一杯(>_<)

二日目は男子200m予選、ここは残念ながら予選落ち・・・
そして女子800m・・・完全に動きが悪く・・・あえなく予選落ち(>_<)
直前一週間前に「自転車事故」にあい、自分も練習をチェック出来なかったのが大誤算。
悔やんでも悔やみきれない結果だった・・・

最終日は男子100m予選に2名が出場。
エースのY君、自己ベスト更新で準決勝へ!!
地区予選で好調だったT君は、少し力んで残念ながら予選敗退・・・
準決勝で勝負を賭けたが・・・前半は互角、後半は力の差を付けられたレースだった・・・

2月末、チーム崩壊寸前から何とかここまで頑張った3年生達・・・
ホンマ色々あったけど・・・最後の最後に良く頑張ったと思う・・・
ホンマお疲れ様でした。
既に2年生へ世代交代、先輩達の思いを引き継いで「総体地区予選突破」へ向けて頑張らないとね(^o^)


そして、いつもお世話になってるI高校。
地区予選と同じく大苦戦・・・
男子ハンマー投は5投目に逆転され「8cm差」で近畿予選出場を逃したのはホンマ悔しい。
男子3000mSCは、3名全員が予選敗退・・・
男子400mR・1600mR・女子400mRは力を発揮出来ず予選敗退。
女子1600mRは予選で抜群の走りを見せるも準決勝で失速し敗退・・・

しかし、男子やり投げで4位・女子3000mWで3位となり来週の「近畿予選」へ出場!!
是非「佐賀」へ応援に行きたいな・・・
頑張って欲しいっす!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »