« IH大阪予選 | トップページ | ようやく再開です!! »

2007年6月 9日 (土)

冗談じゃない!!

ついに「世界選手権ゴールドシート」チケットが届きました。

昨年9月1日に受付開始したこのチケット、受付開始と同時にTELし何とか予約を取り・・・
待つ事8ヶ月以上・・・ホンマに待った・・・

その間、「大会事務局」へ問い合わせのTELを何度掛けた事か・・・
はっきりしない「席」と「到着日」、徐々に不安と怒りが募ってました。
しかも・・・後から申し込んだ「変衆長さん」宅には先にチケットが届いたとの報が・・・
その件も伝えると「作業の手順で順序が逆になる事はある」と納得出来ない返答され、いつ届くかと聞くと「来週になる」との返答・・・

その翌日、チケットが届いた・・・ホンマに確認したんか?


で・・・期待と不安の中開封・・・

え・・・・・・・!?
なんなん?この席!?

届いた席は「Bブロック/B1ゲート 3列100番・101番」と記載されている・・・
しかも、どの辺りか全く判らない・・・

仕方がないので「事務局」へ問い合わせ。
で、場所を聞くと・・・
「シートを3ブロックに分けて、スタート側からA・B・Cの順です」との返答。
「どう言う順にシートを振り分けたのか」と聞くと
「申込順にAブロックの1列目から振り分けてます」との返答・・・

当然「オカシイ」と反論。
「何でスタート側から席を埋めるねん!!普通はゴール付近からちゃうんか!!」
「そして・・・受付初日に申し込んでて、何でこんな中途半端な場所やねん!!」
と言うと「申し訳ありません・・・振り分けは組織委員会が行っている為この場では何とも言えません」との返答・・・

陸マガ・月陸・ネットでも記載されていたが、受付初日の午前中は「50席」ほどしか申込はなかった・・・
それなら、誰が考えても自分はその中の2席やと考える・・・
しかも、疾風は10時半にはTELして予約したのに・・・

しかも、TELの場合は「仮予約」だと申込の際に言われたので、「それならば順番が遅くなるのでは?」と問い合わせした所
「この段階で席を押さえてあるので、書類・入金が届けば大丈夫です」と念を押して確認もした・・・

しかも、書類・入金で若干の手違いがあった際も「確認」をその度にして「大丈夫です」と何度も確認。

これだけ何度も確認していて・・・このザマは一体何やねん!!
どんな思いで40万円出したと思ってるねん・・・
疾風にとって「かなりの大金」・・・それでも「それ以上の価値と期待感」があるから・・・
そんな思いをどれだけ「事務局」「組織委員会」は判っているのだろうか・・・


若干、話が脱線しますが・・・
「16年前のバブル絶頂期の東京でも、チケット半値やったのに・・・」とS高校のT先生。
「何で、こんなに審判ギリギリの人数やねん!何処に金掛けてるねん!!」とI高校のH先生。

疾風自身も審判依頼が来て、可能な日をFAXしたら「こんなんじゃ困る」とダメ出し・・・
仕方が無く「男女マラソン・競歩」の「走路審判」5日間入る事にしたら・・・
どちらかだけの審判の方もいる・・・自分には「アカン!!」って言ったクセに・・・

大阪の陸協の理事長さん、IH予選に来てるのは良いが・・・
観戦そっちのけで「世界陸上話」やったみたい・・・

こんな人達が大会を運営するのか・・・
現場で裏方に付く人間・観戦を楽しみにしている人間の気持ちをどれだけ判っているのだろうか・・・

そして、高額のチケット代・・・どこに使われるのやろうか・・・


月曜の昼休みに「組織委員会」の担当者と直接話をする様に持って行きました・・・
念の為に、疾風の「TEL申込日」「入金日」「書類到着日」も確認して貰ってます。
それを元に「席の変更」を伝えます・・・
こんな思いをしてるのは自分だけじゃないと思う・・・
そして・・・こんな事をしてる様じゃ「世界選手権」は失敗すると思う・・・

ただでは終らせません!!

|

« IH大阪予選 | トップページ | ようやく再開です!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冗談じゃない!!:

« IH大阪予選 | トップページ | ようやく再開です!! »