« やっぱり・・・キツイ(汗) | トップページ | 今日の新聞 »

2007年11月18日 (日)

東京国際女子マラソン

凄かった!!
この一言のレースだった・・・

フルマラソンを自宅でLIVEで見るのは何年振りかな・・・
練習・レース・用事などで日曜に自宅にいる事自体珍しいから・・・
今回も当初は現地で観戦予定だっただけに、TV観戦はやっぱり残念だった・・・

野口・渋井・大南の「三つ巴決戦」とも言われた今回のレース。
予想外の「暑さと風」が良くも悪くもレースを面白くした。

悪い意味では、果敢な攻めのレースを期待していただけに残念だった。
大南選手が予想以上に早く動きが悪くなり失速・・・
渋井選手もまさか30K手前で遅れるとは・・・今回だけは思っていなかった。
じっくりレースを進めていただけに本当に残念で仕方が無いし、大失速してフラフラになって走る姿は見ていて辛かった・・・

良い意味では「野口選手の強さ」を充分引き出した点だと思う。
遅いとも感じられるレース展開・仕掛けることも無く徐々に絞られるレース展開、これらだけだと正直「面白み」が無かったが、35K以降の「登りのコース」で自信を持って仕掛けて圧倒的な速さで文字通り「駆け上がる」走りは本当にワクワクした・・・
ラスト2Kのタイムを見て逆に物足りなく感じさせるくらい、あの5Kのタイム(16分50秒台)は凄いと思う。

しかし・・・野口みずき選手の強さを改めて感じさせたレースだった。
タラレバだが・・・もう少し気温が低く(15℃くらい)風も弱かったら・・・
タイムもさる事ながら勝負の展開も変わっており「競技場でのデッドヒート」なんてのもあったかも知れない・・・いずれにせよ、その中心に野口選手がいるのは間違いないが・・・

あとTV中継のCMのたいむんぐ、ホンマ悪かった・・・
あれだけの好勝負、もう少し何とかならなかったのかな?って思う。
ある程度レースの流れを見ていて少し知識があれば、勝負所は
①帰りの八ツ山橋②30K手前(早ければ29K過ぎから)③35K前後と簡単に判る。
今回で言えば・・・②が渋井選手が離れた時、③が野口選手が仕掛けた場所に該当する。

①に関しては解説の両名も含め、みんな判っている筈、なのにCMが入り中継再開が登り切ったあとだった・・・何も動きが無かったのが不幸中の幸いだったが・・・
③もCMと並行で放送していて助かった筈、誰が指示しているか知らないが・・・
もう少しレースの流れを見て欲しかった・・・

とにもかくにも現時点では、野口選手が「かなりのアドバンテージ」を掴んだと思う。
大阪・名古屋で「2時間20分前後」のタイムが複数出ない限り「北京」は決まりだと思う。
いずれにせよ大混戦を予感させる「マラソン北京選考会」のスタートだった。

そして余韻を感じつつ夕方からジョグへ・・・
テンションは流石に上がっているが、思った以上に呼吸が荒い・・・
心拍自体はそれ程高く無いのに、それ以上に感じる。
仕方がないので・・・当初予定の西中島南方→天王寺コースを、難波へ変更。
恐らく昨日の練習の疲れかも・・・
これだけは焦っても仕方が無いしね・・・

いよいよ5日後は「名古屋ハーフ」だが、その割りに未だ「出場選手」がアップされてないし・・・(汗)
現状勝負出来ないけど、例え1Kでも良いから「女子先頭集団」に喰らい付いて記録を狙って行きます!!

|

« やっぱり・・・キツイ(汗) | トップページ | 今日の新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90190/8985992

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際女子マラソン:

« やっぱり・・・キツイ(汗) | トップページ | 今日の新聞 »