« 08’箱根駅伝(往路) | トップページ | コース試走? »

2008年1月 3日 (木)

いったい・・・何が!?

今年の駅伝、一体何があったんだろう・・・
そう思わずにはいられない三日間の駅伝だった。

ニューイヤー駅伝・箱根駅伝と予想外のトラブルが続出・・・
特に箱根は「3校途中棄権」と言う「異常事態」が起こる有様・・・
東海大の荒川選手は「脚のトラブル」だったが、残り2校は「脱水症状」との事。
注目が増すにつれて選手のプレッシャーも大変だし、加熱するフィーバー振りが選手に無理をさせ過ぎるのだと思うのだが・・・

そして「力を出し切れたチーム」が優勝・上位入賞に繋がったのも両駅伝の結果だった。
「そんなの当たり前!」と言われそうだが(笑)
「安川電機」「関東学連選抜」「中央学院大」恐らくそれ程注目されていない中、素晴らしい結果を出したし軸になる選手を中心に「自分の役割」をしっかり果たした感じがある。

TV中継も「多くの人に見て貰う」点では「注目チーム」「注目選手」をピックアップし中心に放送するのはある程度仕方が無いと思う・・・
けど、それ以上に活躍・好走している姿はもう少し取り上げても良いのでは?と思います。
※その点では「箱根」の方がマシかな(笑)

とにもかくにも「北京に向けて」動き出した「日本陸上界」、毎週続く「ロードシーズン」を経て張るのトラック&フィールドシーズンへと「良い流れ」で「ワクワクする気持ち」を持たせて欲しいな・・・
年末に行われた「世界選手権ダイジェスト」を見て「興奮感」が甦りました・・・
だから「それ以上の興奮」を期待せずには入れません・・・

今日は当初「大阪国際女子マラソンコース」で走る予定が、諸事情で中止・・・
じゃあ用事もあったので天王寺までジョグと思ったが・・・全く身体が動かない(泣)
結局中央郵便局までのジョグに留まるのみ・・・
6日間の「冬休み」だったが・・・もう少し頑張れなかったのかと少し反省・・・
明日は「早番」の予定なので、土曜の「市民マラソン(10キロ)」を含め良い練習を積んでいきたい・・・

|

« 08’箱根駅伝(往路) | トップページ | コース試走? »

コメント

元旦から3日まで、ビデオを含めて駅伝三昧の毎日でしたが、今年の駅伝は全て見所がありました。
元旦は安川電機など予想外のチームが活躍。
箱根では早稲田の健闘と中央学院や学連選抜の上位入賞。
エースと共に安定した選手を揃え、それぞれが力を出し切ると言う駅伝の鉄則を守ったチームがやはり強いと言う事ですね。

そして、実業団駅伝で予想外のアクシデントが続出と思ったら、箱根でも同様。
特に3校も棄権となったのは初めてでした。
寒い時期で体調管理が難しいのは良く分かりますが、もう少し何とかならないのかと思ったりします。
ともあれ、長距離が終わったらいよいよトラックシーズン。
北京への選出となる今年の日本選手権が楽しみですね。

投稿: AKA | 2008年1月 5日 (土) 14時02分

AKAさんへ
今年も宜しくお願いします!

今年は「見所沢山」の駅伝でしたね。
そして「アクシデント」も多かったですね・・・

何はともあれ「北京予選」もロードはいよいよ後半戦です。
明日の「宮崎女子ロード」も楽しみですね。

今年の「日本選手権」は「混成競技」も同時開催なので、観戦今から楽しみです!!

投稿: 日本海の疾風(カゼ) | 2008年1月 5日 (土) 23時27分

疾風さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今回の箱根は波乱の連続でしたね。
この2日間、朝6時40分起床でテレビ釘付けでした(笑)
その中で、解説の瀬古さんのコメントは面白かったです。
例えば、久々に出場した東農大の大根踊りを見て、選手の走りがもっと目立つようにと厳しい注文があったり、早大の選手がしんどい走りになっても「まだまだ大丈夫」と、さすがOBらしいコメントであったりと、瀬古節を堪能できました。また、スタジオ解説の碓井哲雄さんの「こんなにコンディションがいいのになぜあんなにリタイヤが多いのか理解できませんね」というコメントも印象に残りました。

それから、「今昔物語」や過去の映像(蒲田の踏切、大雪の中の山登りなど)、小田原中継所で日本陸連会長河野洋平氏が母校のベンチウォーマーを着て応援する姿、山登り5区のコース恵明学園前の施設の子どもがセンターラインぎりぎりまで行って応援する姿、六郷橋を超えて警視庁から神奈川県警に白バイが替わるところ等々、箱根駅伝定番の様子も確認できました。

しかし、今大会は、エンディングで「I must Go」が流れなかったのは残念でした。替わりに「喜びの飛行」を編曲してやたら長く流していましたが、原曲を知っているだけに、何か間延びした感じがしました。
「84回目の継走」「襷」等々の文字をバックにして始まるオープニングと比較すると、エンディングはちょっと寂しかったかな(笑)

オープニング曲「喜びの飛行」が流れるのは、番組開始の7時でなく、最終コールが始まる頃の7時45分頃だったのは、極力スタート直前に雰囲気を盛り上げようとした演出なのでしょうかね?(某局の「世界陸上」でスタートまであと少しと言いながら何時間も待たされるパターンとは違いますね)

レースの内容よりも、番組進行の方を楽しむ私のお正月三が日でした。マニアックなコメントですみませんm(__)m

投稿: ななちゃん | 2008年1月 6日 (日) 00時46分

ななちゃんへ

こちらこそ、今年も宜しくお願いします!

箱根、まだ全部見れてません(笑)
確かに、エンディングが違いましたね・・・

今「箱根関連本」読んでますが・・・
これがまたハマって・・・
「TV完全中継に挑んだスタッフ達」の話ですが・・・
今では当たり前の放送が、どれだけの苦労か生まれたか・・・
これを読んで改めて「箱根駅伝」の見方が変わりました。

と言っても・・・まだ全部読み切ってませんがね・・・(笑)

ななちゃん、今度貸すので是非読んでね。

投稿: 日本海の疾風(カゼ) | 2008年1月11日 (金) 23時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いったい・・・何が!?:

« 08’箱根駅伝(往路) | トップページ | コース試走? »