« 第2回大阪陸協記録会~何をやってるのだか・・・~ | トップページ | 日本記録やで・・・ »

2009年4月12日 (日)

審判講習会

に行ってきました

今年は3000mSCの出場を止めて、久々に講習会のみにしました
今年は春先に身体を作りたかったのと、現状のレベルではケガをするのが見えていた為です

と言っても・・・今日は人数が多くて1時間だけのアナウンス
しかもそれが「3000mSC」だったので・・・普段とあまり変わってないのですが
けど、所々でアドバイスや指摘を頂きながらは、やっぱり講習会ならでは・・・
少しでもレベルを上げていける様に頑張らないと

気が付けば・・・審判初めて11年目になりました
正直ココまで続けるとは思ってませんでしたし、今の自分を想像していませんでした・・・

疾風は「学校の教員」でなければ「公務員」でもない「ただの社会人」です・・・
審判は「教員」の方が多いですし、「公務員」の方も多いです。
そんな自分が、多くの人との出会いと支えのお陰でココまで来れたのだと思ってます

陸協の試合で「多くの高校生・先生方」から応援・声援・サポートを貰える「一般選手」は疾風くらいじゃないか?って思える程、多くの人から頂いてます
これも、人との出会いの積み重ねじゃないかな・・・と感じてます

教員じゃない疾風が多くの高校生と接点を持てるのも、多くの先生方との出会いだと思います

今回、アナウンスに来た新人さんの中に「I高校」を卒業したTさんがいたのも嬉しい出会いです・・・
一緒に練習していた部員と一緒にアナウンス出来るなんて思ってませんでした

T高校から「M女子大」で競技を続けているMさんは、苦難を乗り越えてユニバ代表を狙う所まで上がってきました
冬季に故障したのを聞いて「脚のお守り」を渡した所・・・とても感激してくれて・・・
それを見た瞬間・・・本当に嬉しかったです

M高校の選手は自分よりレベルも才能もあるのに・・・
わざわざレースの報告に来てくれて、アドバイスを聞いてくれます
別の部員は「自分の種目を見て欲しい」と言ってくれます・・・

教員を諦め・・・その時点で「陸上部の顧問・指導者」を諦めていた疾風が、色々な人との出会いで「高校陸上界の指導者」のチャンスを掴む事が出来たも、11年前の審判講習会でご一緒した先生方のお陰です

そして、審判資格も「B級」から「A級」になりました
「競技者」「陸上ファン」「指導者」「審判」と欲張りな疾風ですが・・・
そんな自分だから出来る「審判」を目指して行きたいです・・・

そう言えば・・・今年から「ラップタイム」を選手に伝えるのは「助力」となるみたいですが・・・
それじゃあ面白くないし盛り上がらない
コースの真横で「仲間」や「マネージャー」や「顧問の先生」が応援しつつタイムを読む姿が無くなるのって・・・

もっと実績を積んで、発言出来る立場になりたいですね・・・

アナウンサーとしては、来週の「3・4地区春季記録会」から本格始動です

|

« 第2回大阪陸協記録会~何をやってるのだか・・・~ | トップページ | 日本記録やで・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 審判講習会:

« 第2回大阪陸協記録会~何をやってるのだか・・・~ | トップページ | 日本記録やで・・・ »